合格率をどう捉えるか

簿記試験の受験を検討する際にもっとも気になるのが、自分が合格できるかどうかということに尽きるのではないでしょうか。そして、もっとも明快な判断基準となるのが試験の合格率ということになると思います。

また、日本にはいくつかの簿記試験が開催されていますが、もっとも歴史が古く、かつ企業からの信頼も厚い試験が日本商工会議所が主催する「日商簿記検定試験」であり、受験する試験も日商簿記検定試験がおすすめです。では、日商簿記検定試験における直近の合格率を確認してみましょう。

【日商簿記検定試験2・3級の合格率】

開催回

受験級

申込者数

受験者数

合格者数

合格率

124回(H22.2)

2級

90,804

66,330

8,244

12.4

3級

126,236

95,092

17,906

18.8

123回(H21.11)

2級

97,389

74,371

28,585

38.4

3級

140,245

108,429

53,782

49.6

122回(H21.6)

2級

78,645

57,616

14,700

25.5

3級

136,981

107,000

44,087

41.2

121回(H21.2)

2級

81,616

60,475

26,053

43.1

3級

122,283

93,453

52,779

56.5

120回(H20.11)

2級

83,573

61,662

18,252

29.6

3級

135,515

103,333

41,509

40.2

合格率は恐るるに足らず!

イレギュラーな問題が出題され合格率が急落した124回以外をみると、3級は30%代後半~50%代前半に、2級は20%後半~40%代前半で推移しています。さて、先ほど合格率を〝もっとも明快な判断基準〟としましたが、あくまで単なる判断基準であり、この数字で受験や学習をあきらめてはいけません。

というのも、毎回、申込数と実際の受験数には数万もの誤差があり、これは申し込みをしたものの、合格するだけの学力が備わらなかったため受験を辞退した人がそれだけ存在するということ。また、受験者も同様に、学力がないまま受験する〝お試し受験〟〝一か八か受験〟者がかなり存在しているのです。

つまり、合格へと導いてくれる学習方法を選択し計画的に学習を進め、合格が視界に入るレベルまで学力を高めておけば、合格率など気にする必要はないということなのです。是非、みなさんも自信を持って受験に挑んでください!

次のページ >>